商品券を使ってクレジットカード現金化をする前に知っておきたいこと

クレジットカード現金化の際の換金率にこだわりたいのであれば、商品券を使った現金化を考えておくことが有効です。
カードで購入した商品券を金券ショップに持ち込めば、すぐに現金を手にできます。
クレジットカード現金化に使える商品券はどれか、商品券を使った現金化に問題はないかを一緒に見ていきましょう。

商品券を使って現金化をするには

現金化をするためには、まずクレジットカードを使って商品券を購入する必要があります。
ただ、カード払いで商品券を購入できるようにすると、販売をする業者がカード会社へ支払う手数料の分だけ損をしてしまうことになります。
そのため、商品券の販売というのは基本的に現金払いです。
しかし、クレジットカード会社が発行している商品券に関しては、同じブランドのカードを使えば、カード払いという形で商品券の購入が可能です。
同じブランドであれば、店頭でもカード払いでの購入が可能ですが、カード払いに対応しているかどうかは、商品券を販売しているショップ次第となります。

カード払いできる店舗がない時は

近くにカード払いで商品券を購入できる店舗がない場合は、電話やネットで購入手続きをすることを検討してみると良いでしょう。
電話やネットであれば、住んでいる場所に関わらず手軽に必要な商品券を購入することができます。
ただ、昔ながらの紙の商品券の場合、購入手続きが終わってから発送準備に入る形となります。
店頭とは違い、商品券が手元に届くまで、少し時間がかかるので注意が必要です。
電話やネットで、カード会社の商品券を購入したいという場合は、早めに申し込み手続きを済ませておく方が良いでしょう。
お金に困りそうと感じた瞬間に申し込みをしておけば、落ち着いて現金化の手続きを進めていくことができます。

今すぐ商品券が必要な時は

少しでも早く換金可能な商品券を手にしたいという場合は、コードでやり取りができるデジタルギフトカードの活用を考えてみると良いでしょう。
デジタルギフトカードは、店頭は勿論、ネットからでも手軽に購入手続きができます。
ネットであれば、カード払いでの購入ができるだけでなく、手続き完了と同時にアカウントに登録して使えるコードを受け取れます。
コード番号さえ分かれば、そのままデジタルギフト買取ショップで査定を受けることが可能です。
デジタルギフトカードであれば、近くに金券ショップがないという人でも、手軽に買取をして貰えるというメリットがあります。
クレジットカード現金化は、商品券で行えるの?

商品券を使った現金化と注意点

クレジットカードで購入した商品券を金券ショップで売ること自体は、法律違反となる行為ではありません。
ただ、クレジットカード会社の規約違反となる行為のため、現金化をしたことが発覚すればカード会社からペナルティを受ける可能性があります。
年に数回、商品券を購入する程度であれば、現金化を疑われる心配はないでしょう。
しかし、給料日前になると大量の商品券を購入するなど怪しい履歴を残せば、カードの利用停止措置などのペナルティの対象となることがあります。
商品券を使って現金化をする際には、怪しい履歴を残さないように注意をしておくことが大切です。

商品券とクレジットカード現金化

クレジットカード現金化に使えるアイテムの中でも、商品券は換金率が高い上に相場も比較的安定しています。
ただ、店頭ではカード払いができないことも多く、現金化に商品券を使いたい場合は自分にとって有効な購入方法を確認しておくことが大切です。
カードの種類や購入方法によっては、カード払いも可能な商品券ですが、大量購入など怪しい履歴を残すとカード会社からペナルティを受ける可能性があるので注意が必要です。