クレジットカード現金化がカード会社にバレそう・・・どう言い訳をしたらいいの?

クレジットカードのショッピング枠を現金に換えられるクレジットカード現金化。
実はそんな現金化はカード会社の利用規約で禁止されており、現金化をしたことがカード会社に知られてしまうとカードの利用停止などの措置が取られてしまいます。
そのためカード会社にばれないように現金化をする必要があります。
そこで今回はカード会社にクレジットカード現金化を疑われた時の言い訳について紹介していきます。

商品券やギフト券でのクレジットカード現金化が疑われた時の言い訳

現金化をする時にはギフト券や商品券を購入し、それを金券ショップなどで買い取ってもらうという人もいます。
ですが実はギフト券や商品券を大量に購入してしまうと現金化を疑われる原因になる可能性があります。
もしギフト券や商品券での現金化がカード会社にバレそうになったら、「結婚祝いのお返しとして購入した」「イベントの景品として購入した」といった言い訳がおすすめです。
実際結婚式のお返しや景品などとしてギフト券や金券を利用している人も多いです。
そのためこの言い訳なら現金化目的であることを疑われにくく、カード会社側もそれ以上追及することができなくなってしまいます。

ブランド品でのクレジットカード現金化が疑われた時の言い訳

現金化をする時にはブランド品を購入し、それを買い取ってもらうという人もいます。
ブランド品での現金化をカード会社に疑われた時には、「プレゼント目的で購入した」「どうしても欲しい商品がったので購入してしまった」といった言い訳がおすすめです。
ブランド品での現金化は、特に普段はブランド品を購入したことがないような人が疑われやすいです。
そんな人もブランド品を購入したのが不自然ではないと思わせられるような言い訳をすることで現金化がばれるリスクを下げることができます。
プレゼントを言い訳にした場合は誕生日プレゼントなどのシチュエーションや相手との関係なども考えておくと、より疑われにくくなります。

現金化業者を利用していてカード会社に疑われてしまうことも

現金化業者はカードトラブルの可能性がほとんどないというイメージがある人もいるでしょうが、実は現金化業者を利用していてカード会社に現金化を疑われてしまったという人もいます。
もし現金化業者を利用したことをカード会社に疑われてしまったら、「どこのネットショップでどんな商品を購入したか」を伝えられるようにしておくことが重要です。
なぜ商品を購入したかを伝えられるとカード会社はそれ以上現金化を下かどうかを追及することができなくなり、カードが使えなくなることはありません。
また現金化業者の中には、万が一の時のために言い訳などをサポートしてくれる業者もあるため、事前に現金化業者に相談しておくのもおすすめです。

現金化を疑われた時の言い訳のポイントは?

もしカード会社に現金化を疑われてしまったら、いくつかのポイントを押さえて言い訳をする必要があります。
1つ目は現金化をしたことを絶対に認めないことです。
カード会社は現金化を疑う時、確信を持っているわけではありません。
そのため利用者が認めなければそれ以上追及することはできないのです。
はっきりと現金化をしていないと伝えれば、カード会社はそれ以上の追及をしてこないことが多いです。
2つ目は購入した商品を覚えておくことです。
現金化目的で商品を購入すると、いつどんな商品を購入したのかを忘れてしまう人も少なくありません。
ですがクレジットカードでの買い物は自分で行っているはずなので、購入した商品のことを覚えていないとカード会社は現金化を疑ってしまいます。
現金化をした時はいつどんな商品を購入したのかをメモなどで残しておき、カード会社にそれを説明できると疑われにくくなります。

現金化を疑われても上手く言い訳をすればカードの利用停止にはならない!

今回紹介してきたようなコツなどを意識してカード会社に言い訳ができると、カード会社は現金化をした確証が持てないためカードが使えなくなる可能性は非常に低くなります。
現金化業者などを利用するとカード会社に疑われるリスクは低くなりますが、絶対に安全というわけではありません。
そのためクレジットカード現金化をする時には、万が一のことを考えて言い訳も考えておきましょう。